必ず予算をはっきりと立てる

リフォームはお金がかかります。
ほとんどのお宅がそうなのですが、最初は「壁紙だけきれいにしよう」と思っていても、サンプルを見たりコーディネーターから提案を受けたり、そして実際にショールームなどをまわりはじめると、一気に夢はふくらんでいきます。
どうせやるなら、あそこもここも、となりがちです。
なんといっても、リフォームは洋服を買うようなわけにはいきませんから、「この機会に」と思うのも当然とはいえば当然かもしれませんが。

そこで問題になってくるのが「リフォームの予算」です。
当たり前ですが、何ができるか、できないかを決めるのは「いくらお金を払えるか」にかかっているわけです。
本当は「こうしたい」という希望が問題なく叶うのが一番いいわけですが、そんな経済的余裕のある人はともかく、一般的には限度があるわけですよね。

だから、「こうしたい」という希望と同時に「いくら払えるか」も同時にきっちりと決めておかないと収拾がつかなくなることがあるのです。
いいリフォーム会社なら、「その予算だとこれは無理です」ときちんと教えてくれるはずです。なんでもかんでも「できますできます」というのは少しおかしな話ではあります。

ところで、その予算なんですけど、まぁ最初から「100万」とかハッキリ決めているお宅はいいんです。
あとはもうやることが明確にさだまっていて、例えば「お風呂が壊れたから取り替える」とか「壁紙を張り替える」ぐらいでしたら、見積もりじたい単品状態なんでそんなに悩まないとは思います。

しかし実際によくあるパターンとしては、「クローズドキッチンの壁をとっぱらって、流行のオープンスタイルにして、そしたらリビングの床もやらなくちゃならないし、できたら壁紙もやりたいな」というような「できることなら、アレもコレもやりたい」みたいな希望の場合、これはもう予算次第という感じになるわけです。

もし1000万円!の予算があるなら、どんなキッチンも選べるだろうし、間取り変更だって何だって問題ないでしょう。でも、200万でやろうとしたら、「何かを削って、どこを妥協して、ここはお金をかけて」とやりくりする必要があるんです。

そこで、その予算、が大事になってくる。あいまいに100万ぐらいかなぁ、でもローンにするなら200万でもいいかなぁ、というような考えだと、そもそも正確な見積もりが出てきません。

いい加減な予算でリフォームの準備を始めると、予算内でも思い描いたものにならなかったり、過剰な予算オーバーで後悔することだってあるんです。それぐらい予算の計算は重要なのです。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。