上手にリフォームをするための準備のコツ

一軒家にしろマンションにしろ、そうそう簡単に買い替えがきかないのが住宅というものです。

それでも老朽化した建物や内装、設備機器の不具合などによる「住宅そのものの不備」、あるいは家族構成の変化からくる「住宅の間取りの問題」によって、今住んでいる場所ではどうにも住みづらい、ということは必ずやってきます。

そこでまず、「住宅を買い替えるのか」それとも「リフォームするのか」という選択肢が出てきます。

当たり前のことですが資金が潤沢にあるのであれば、どちらを選ぶか迷うこともないでしょう。なんにせよ、希望どおりのことを叶えられるだけの資金があれば問題はありません。

しかし、現実的にはどうなのでしょう。

現在、住宅ローンの審査は非常に厳しくなっています。また住んでいる住宅の購入時期などにもよりますが、少なくとも「購入時」より「高い」お金で売れるという夢のようなバブルは遠い昔になりました。買い替えは簡単ではないというのが衆知の事実です。

そこで少し前からリフォームが大きく取り上げられるようになりました。

家を買い替えられないのなら、中身を一新するということですね。これなら土地や土台に手をつけるわけではないのでひと言で言って「買い替えより安い金額でできる」わけです。

もっとも今は中古住宅をわざと狙って買い、自分の好みにリフォームするというリノベーションも大きな人気となっているようです。しかし、ここでは現在住んでいる、主にマンションのリフォームについてとりあげていきたいと思っています。

それではまず、リフォームをするタイミングについて考えてみましょう。

私がおすすめするのは「人生計画」に乗っ取った、長期的視野から考える「リフォームのベストタイミング」です。

購入から10年後には準備しておく

リフォームのきっかけの多くは、例えばお風呂が壊れたなどの住宅設備の老朽化、壁紙の破損など内装の一新、あるいは子どもが独立したから部屋数を少なくしたいとか逆に家族が増えたから子供部屋を作りたいなどといったことからでしょう。

しかし、できることならマンションを購入した時点で「リフォーム」するおおまかな計画をたてておくのがベストなのです。

なぜなら、買い替えほどではないとはいえ、リフォームもやはりまとまったお金が必要になるからです。購入した時点ではなかなか難しいとはいえ、たとえば購入後、10年をひとつの区切りとしてそろそろ本格的に考えておくとよいでしょう。

特に設備機器の故障は10年を目安にかなり目立ってきます。

なんといっても、トイレが壊れたらすぐに修理しなければ生活ができません。あるいは給湯器も壊れると大変です。もちろん修理してすぐ使えれば問題ありませんが、10年を越えてくると業者のほうでも「部品がない」「修理より新しいものを入れたほうが安い」ということを言ってきます。

それが営業上のことならまだしも、本当に「部品がない」ということはけっこうあります。そうなると待ったなしでトイレの交換をしなくてはなりません。トイレを交換するとなると、当然10年分の汚れのついたトイレの壁紙も床も直したいと思うでしょう。

それからまた、10年という歳月は家族構成の変化を余儀なくされます。
赤ちゃんだった子どもも小学校高学年になりつつあり、独立した子供部屋が必要となってくるかもしれません。また、10歳だった小学生は二十歳になり大学生となってすでに一人暮らしをしているかもしれません。

ですから、住宅を購入して10年という月日がすぎたあたりから、今すぐではなくても、何かきっかけがあったときにある程度資金の準備ができている状態にすることが大事です。

余裕をもって準備することいいリフォーム会社を選べる

実際にいろいろな箇所で住んでいる家の修理や交換を余儀なくされるのは、だいたい15年ぐらいがポイントになると思います。

ですから10年目から計画をたてれば、少なくとも数年間の余裕があり、そこでお金を貯めることができるでしょう。例えば間取りの変更やお風呂の交換などを行うとしたら、200万以上の資金が必要になるのは必須です。

しかし、せめてその半分でも数年間かけて蓄えておくことができれば、例えばリフォームローンを使うにしても頭金として入れることができれば審査じたいも通りやすくなりますし、また実際問題として支払いの心配が少しでも減るというものです。

それから、資金の問題だけではなく、10年を過ぎたあたりから時間のある時などショールームを回ったり、リフォーム会社の企画するイベントなどにぜひ参加してみてください。

「実は○○が壊れたので早急に……」と相談すると、ひどい会社になると足もとを見て、「急いでるな、あまり勉強してないな」といいカモがいた状態になることもないとは言えないのです。

それだけリフォームは人気があり、今はたくさんの会社が大小取り混ぜて多くあるのです。時間があるということは、リフォームではとても大事な「リフォームをしてくれる会社を選ぶ」ということにも余裕を持たせてくれるのです。

リフォームの成功にはいくつもの条件がありますが、なんといっても「リフォーム資金の準備」と「リフォーム会社の選択」にかかっていると思います。

今なにげなく「リフォームかぁ」と思ってる人にこそ、私はお伝えしたいのです。マンションを購入して10年を過ぎたら、「そろそろ」考えたほうがいいと思って準備していただきたいのです。

要するに「準備する時間」、これがリフォーム成功のコツとも言えるでしょう。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。