マイホームの管理を意識してリフォームを成功させる

一軒家、マイホームを持つ、というのは男の人にとって「自分の城を持つ」という大きな達成感のある出来事です。

ほとんどの方が住宅ローンを背負って一軒家を購入しているかと思いますが、その住宅ローンも「社会人として」きちんと世間に認められた給料や社会的背景あってこそ、組めるのが実情です。

土地信仰こそ、今はだいぶすたれましたが、それでもマンションのような分譲ではなく、土地と家を持つという安心感・信頼感を持つ人が多いのもまた、事実です。「ついに俺も家を買った!」と感慨深い人も大勢いるでしょうね。

ところで、一軒家というのは、メンテナンスにいろいろとお金がかかるものです。

マンションでいうところの「管理」を、自分たちでしなくてはなりません。屋根のふき替えや、シロアリ退治など、一軒家を持っていると一定の期間をすぎるとけっこう色々な業者が営業をかけてきます。

ときおり、悪質業者のニュースなどを見かけますが、それも根本的にあるのは「一軒家は自分たちで維持していかなければならない」という前提があるためです。ですから、一軒家の持ち主となった時点から、ぜひ家の維持と管理についてよく勉強し、計画をたててほしいと思います。

一軒家の場合、マンションと違って家を増築したり、改装したりするのに、誰かに許可を得なくてはならない、ということはありません。もちろん、増築などにあたっては建築の法制上の許可が必要とはなってきますが、共有部分や管理規則といったものがないため、ほぼ持ち主の希望どおりのことができるはずです。

一軒家も建てて10年がすぎ、15年も過ぎると、いろいろな箇所に不満がでてくるのではないでしょうか。

だからこそ、新築から10年が経過した時点からリフォームを意識しておくといろいろ有利なのです。悪徳業者の勧誘に足元を救われることもないんです。実際にリフォームが必要になった時期に検討しだすとトラブルの元、不満足の原因となります。リフォーム準備の心構えについては「上手にリフォームをするための準備のコツ」にまとめてあるので御覧ください。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。