建替えが難しいときこそリフォームを選択

どんなにきちんと維持をしていても、奥さんがきれい好きで掃除にあけくれていても、住宅というのは歳月とともに確実に老朽化してきます。

特に設備機器は、どうしても10年単位のサイクルで問題個所が出てくるものです。

また、壁紙の汚れなども、家族構成にもよるでしょうが、だんだんと素人の掃除ぐらいでは根本的にきれいにならなくなってきます。

10年目ぐらいならまだいいとしても、さて、20年も過ぎるとどうでしょうか。

購入時の持ち主の年齢にもよりますが、20年もたつと、まず家族構成が大きく変わっていることでしょう。無駄な間取りなど、家のつくりそのものに対する不満も出てきているかもしれませんね。

住宅というのは毎日毎日、寝て起きて食べて、あれこれと過ごしている場所ですから、それだけの歳月の間にかなり不具合も出てきているはずです。生活というのは、何かを美しく保つためではなく、生きるという日常ですから……。

しかし、そう簡単に「建替え」などできないのが実情でしょう。

いくら土地があるとはいえ、今ある家を解体するにもお金がかかります。また、当然ですがしっかりとした作りの家ならば、土台としてはまだまだ堅固に使えるはずです。

そこで、このごろよく耳にするのが「新築みたいにキレイになる」一軒家のまるごとリフォームですね。

かなり前から特定の業者が、一定の金額範囲で古屋をまるごとリフォームするのをうたっていましたが、このごろは大手も中堅どころも、ほとんどの建築関係の会社がこのテのリフォームを行っているようです。
それだけ需要があるということなのでしょう。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。