一軒家まるごとリフォームのメリット

このごろは広告もよく入って来るようですから、皆さんもご存知かもしれませんが、外壁はヒビが入り、かなり古くさい外観から、日の光もささない台所や古いガス釜のお風呂などが、なるほど、まるで新築みたいに今風のデザインになっていたりしてますね。

しかも、このリフォームの魅力的なところは、ほとんど新築みたいなのに、建替えするよりよほどお金がかからない、というところです。
家の建築は土台が基本です。
通勤途中などにビルの建築現場なんかがあると、気づきませんか?
ずいぶん長い間土台の基礎作り工事をしていたと思ったら、建築物が建てはじめられるとあっという間に完成してる、ということが。
それだけ、基礎工事が大事で大変で、つまりお金もかかる部分なわけです。

建替えでなくリフォームなら、それを生かして使うわけですから、一軒家の場合は間取りどころか庭やベランダなど、さまざまな外観さえもすっかり一新しながら、工事の金額を抑えることができるというメリットがあるわけです。

ただし、家が古くなればなるほど「土台の基礎」がきちんとしているのかどうか、また昨今は耐震や免震についての問題もより慎重にとらえなくてはなりませんから、このあたりをまず、第三者機関などに正確に調べてもらうことが大事です。
リフォームを頼む業者ですと、なかには「大丈夫ですよ」と安易に請負う可能性がないとは言えません。

私たちが家ですごす時間というのは貴重なものです。
なるたけ快適に、便利に、楽しく過ごしたい。
そのためには、年数に応じて、また家族構成の変化に応じて、わが城をきちんと管理しながら、人生設計に照らし合わせて、このような大きなリフォームを考えることはとても大事です。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。