リフォーム後のおうち温泉は最高!

まず子供部屋ですが、この部屋はフローリングでしたが変えたのは本当に壁紙だけです。ちなみに金額もひとけた代でした。
でも、印象がガラリと変わって!
もう見るからに、子供部屋らしい夢のある、同時にシンプルで可愛い雰囲気なんです。
ここにベビーベッドを置いたときの喜びは、わが家のように長く子どもに恵まれなかった人にしかわからない、本当に涙が出そうなぐらい嬉しい風景でした。

それから、お風呂。
お風呂って、最新型って本当にいいんですよ。
まずお掃除が楽です、これは子育て世代には本当にありがたいですよね。それからちょっと違う視点で言うと、かなり節水型なんです。ですから水道代が変わりますよ。
それとなんといっても湯船がかなり広くなって、一方が楕円型なんですがそこが少し浅くなってる部分がついてるやつなんです。

今、子どもは1歳になったばかりなんですけどね。
そこにちょこんと座って、アヒルとかイルカとか浮かべて水遊びしてます。
主人の一番の楽しみは、会社から帰ってきて子どもをお風呂にいれてやることなんですよ。

キッチンで夕飯の支度をしていると、主人のへたくそな鼻歌なんかが聞こえてきて、子どもの笑い声やはしゃぐ声が響いてきて、ああ、親子がいる、暮らしている生活の音って幸せだなぁって、しみじみ思います。

子どもが生まれて、なかなかやはり気楽に気軽に旅行というわけにはいかなかくなりました。
その分、やはり、長く過ごすことになる家を快適にすることは、結果的に家族の楽しみが増えるってことなんですよね。

「おうち温泉」とか言って、主人はドラッグストア回っては入浴剤をあれこれ買ってくるのが趣味になりました(笑)
決して安くはない出費でしたけど、長い目で見たら安上がりだったとも言えるかもしれません。

主人は手放しでイクメンやってるけど(笑)
私はやっぱり、実際の育児となるとさすがにちょっと疲れるところもあります。それでも家の大きなお風呂で深夜、夫に子どもを任せてゆっくりと入ると、癒されます。
そういう意味でも、お風呂をリフォームしてよかったなと思っています。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。