リフォームのビフォーアフターの驚き!

それにしても、待ちに待って一ヶ月後、マンションに行って本当にびっくりしました。
ビフォーアンドアフターでしたっけ? あのテレビ状態ですよ(笑)

まったく、違う家になってました。
前の間取りはよくあるパターンで玄関入ってすぐ右側に1部屋、左側にトイレやお風呂場、廊下があってリビングと独立した暗いキッチン、でしたが、今度は日当りなども考慮されて玄関入るとすぐにリビングで明るい南西側に開放的でリビングとオープンにつながったキッチン、奥に狭いですがふたつ個室がある状態です。

リビングの壁一面に収納を作りつけたのですが、これがまぁ、大容量で、ほとんどのものがここにしまうことができます。
ですから、寝室は最低限の広さでも充分なんですね。

前より明らかに狭くなったのは脱衣所とお風呂なんですが、うちはもともと、夫婦そろってさほどお風呂好きでもないし(笑)
洗濯機を置けて、洗面台があれば充分なんです。
さらに最新型のキッチンを入れて、しかもオープンなので子どもが遊ぶ姿を見ながら料理ができます。

実際に住んでみて、快適さに驚きました。
それにリフォームだと、壁紙とか、作り付けの棚とかも自分の好みどおりにできるでしょう?
私、壁の一部をぜひレンガ風にして、キッチンのフロアはテラコッタにしたかったんです。ちょっと南欧風っていうのかな。
そういうことがリフォームだと自由にできるのがとてもよかったですね。

週末、日ざしが差し込むリビングはちょっとリゾート気分。
前と同じように、勤務地にも近く交通の便もいい。しかも金額は安く抑えることが出来ました。

もちろん、資金的な余裕があって買い替えができていたなら、それはそれでやっぱり快適だったと思うんです。
ただ、やはり家計というのは動かしがたい大きな問題で、ここはどうにもならないことも多い。
そういう時に、家のことをあきらめてしまうのではなく、リフォームという方法を検討してみることを、ぜひおすすめしたいです。

まずは、リフォーム会社から話を聞いてみるといいと思います。簡易な見積もりや提案をもらう時点では無料のところが多いですし、意外と今住んでいる家にもまだまだ可能性があるということが発見できるかもしれません。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。