見積り・問い合わせを通してリフォーム会社を決める

リフォームを考えて、いくつかの工事会社と交渉を始めるとします。

通常は「相見積もり」といって数社から見積もりをとり、最終的にリフォームを任せる会社を決めるのが「リフォームのスタート」です。そして実はこのスタート時点がいちばん判断が難しいところだと思います。

スタートの「リフォーム会社を決める」というのは、イコール「見積もりをとってどこがいいか決める」ということです。

そのなかでも最も最初のスタート地点である、電話やメールでの応対をまず注意して見守るようにしましょう。

今現在も時々ニュースで見かけますが、残念なことに悪質なリフォーム会社(あるいはリフォーム会社を名乗る悪質な会社と言うべきかもしれません)が存在するのは事実です。
ですから、リフォーム会社を選ぶというのは、まず第一に「会社の信用性」「会社の体質」「会社の雰囲気」などを自分の目で確かめることが大事なのです。

電話での応対に少しでも疑問を感じたら、いったん立ち止まってよく考えなおしましょう。電話やメールでの問い合わせから実際の対応までの流れはもちろん会社によってさまざまですから、早いからいいとも限りませんし、また遅いからじっくり応対してくれてるのだという証拠になるわけでもありません。

しかし、少なくともごく一般的な感覚で、会社組織としてどうもなんかちょっとおかしいぞ、と思ったら、まずやめておくか、あるいは周囲にその会社の口コミなどを聞いておくことをおすすめしますね。

しかし、これはあくまでスタート地点、いえ、スタート以前といっていいかもしれません。

まずほとんどのリフォーム会社では、担当者や営業マンが自宅へ来るはずです。どんな小さなリフォームでも現場を見なくては、正確な見積もりを出すことは不可能だからです。

適当な概算で契約を急がせるような会社は危ないです。新築の請負契約等と違い、リフォームはあまり我々消費者が法律で守られておらず、契約書や仕様書の交付が曖昧、中の表現、責任の所在等があやふやなことが多く、それが元でよくトラブルになっています。

リフォームというと新築を買うよりお手軽な気でいる方が多いですが、実際はリフォームのほうが工事業者を見極めるのがかなり難しいのです。

だからこそ、見積りや問い合わせの連絡のやり取りを通して、十分なかんを働かせて吟味していく必要があるのです。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。