見積書の不明点は明らかにしよう

一般的には最初の見積もりはかなりおおまかなものになることが多いようです。というのも、依頼する側もまだリフォームの細部についてまで決定しきれてないことがほとんどだからです。

そこで上手な担当者であれば、最初の見積書をたたき台にしてそこからあなたも整理しきれてなかったリフォームに対する希望などをくみとって、ベストなものをすすめてくれるはずです。

あるいは予算という問題があるわけですから、何を妥協して、何を優先していくべきかという指針を手伝ってくれるはずです。

そのためにも、最初の見積書を見せてもらったときは遠慮なくどんどん質問をしましょう。

会社によってはおおまかどころか、「○○一式」など一行ですむようなところもあります。これが一概に悪いとは言えませんが、そういうものに対しても「この一式とは何が含まれているのですか」と質問し、これにきちんと丁寧に答えてくれるかどうかが大事なのです。

また、大工工事などは素人には全くわからないことだらけです。

これはどういう作業なのか、なぜ必要なのか、必ず疑問点はしっかりとクリアしてください。

その上で、数社からとった見積書を比べるということです。

見積書はあくまで「金額」を作り上げるための作業です。

ですからどうしても、安いほうがいいと思いがちです。しかし、このあたりが、できあいのモノを買うという作業と違って、「これから行う仕事に対する対価」である難しさがあります。

あなたは会社と会社が行う仕事を信用して、自分の住まいを預けて、修理したり改装してもらうわけです。

金額だけがすべてではないということは、しっかりと理解してほしいと思います。

見積書の見方については、専門の本やリフォーム雑誌などにもくわしく載っています。

実際に見積書をもらったら、担当者の説明を聞いた後、ぜひ解説書などをもとにして、ご自身でもよく確認しましょう。そしてわからない点は遠慮せず、担当者にメールなどで連絡し、すべてにおいてクリアな状態にしておきます。

リフォームはそれからが本番です。

しかしスタートがとても大事だということ、見積もりをとるまでの過程、実際の見積書の比較と検討に今後の成否がかかっているといっても過言ではありません。ぜひ、時間をかけてじっくりと検討していただきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。