住みながらのリフォーム

去年ですが、キッチンとリビングのリフォームをしました。

3LDKの築18年のマンションです。分譲時はそれなりに最新型であったはずのシステムキッチンでしたが、コンロと換気扇が壊れたこと、当時はまだ2歳と4歳だった兄妹ふたりが汚し放題だったためにリビングの壁紙がひどい状態になっていたことにいい加減堪え切れなくなったのです。

リフォーム会社を決めたり、予算の問題もあったりでいろいろと大変でしたが数年前に息子が大学進学を機会に一人暮らしを始めたあたりから「そろそろリフォームする時期かも」とは思っていたので、それなりに準備はしてきました。

ですから、まぁ、大変でありつつも、どんなにきれいになるのかなと嬉しい日々でもありました。

しかし、実際にリフォーム工事が始まってからがけっこう大変だったんです。

というのも、わが家では「住みながら」のリフォームを選んだからです。予算的にもぎりぎりの状況ではあったので、他にアパートなどを借りて工事を行ってもらう余裕はありませんでした。

それに、平日の日中はほとんど私ひとりですので、まぁ我慢もできるだろうと思っていたのです。

このあたり微妙なところなようで、リフォームを頼んだ会社の担当者によると、大掛かりな工事の場合はウィークリーマンションのようなところを借りて、現場をからっぽにしたほうが結果的に工事工程も早く終わり安くすむという場合もあるようなので、
よく相談したほうがいいかもしれません。

ただわが家の場合は、マンションが都心にあって仮住まいするにしても賃料が高くつくこと、娘が年頃のせいか狭いアパートに父親と顔つきあわせて2週間ほど過ごすのがイヤだと主張したこと(笑)。

まぁ工事中も寝室はありますからそこで過ごせばいいだろうと思ったことなどから、住みながらの工事を選びました。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。