カテゴリー別アーカイブ: リフォーム前

リフォームを始める前の資金作りから工事することになったきっかけ、買い替えとの比較検討など、工事前に必要な知識と体験談。

マンションを買い替える時期はいつか?

晴れてマンションを購入してから、10年、15年の歳月は案外とあっという間にすぎてしまうものです。

だいたいこの年月が経つとマンション買い替えを意識しだすのではないでしょうか?

わりと一般的なモデルケースとして、結婚して数年、まだお子さんが小さい頃にマンションを購入したファミリーを考えてみましょう。

当時は子育てに忙しく、奥さんもなかなかインテリアにまで手がまわらなかったかもしれません。ご主人の給料も余裕がなく、家を買うのに精一杯だったことでしょう。内装や家具に対する希望も、正直それほどハッキリとはなかったかもしれませんね。

それから数年の間は、ちらかし放題、汚し放題の子どもたちの世話に追われていたはずです。
掃除好きの奥さんでも、時にプロの手を借りて清掃していたにせよ、家にいる時間が長い子育て世代のファミリーが日々を過ごした部屋は、気がつくとかなり汚れているに違いありません。

というより、ある程度子どもたちが成長した時点で改めて見廻してみると、壁紙が破れてる! フローリングは傷だらけ! 廊下のドアにはめこまれたガラスはヒビが入っており、キッチンの扉はうす汚れ、お風呂の追い炊きはこわれかけてるし、そろそろ給湯器も危ない……、こんなことに一気に気がつき、そして実際にキッチンの設備や水回りなどは壊れたり不具合が出て、生活そのものに支障をきたすようになってきます。

こうなったとき、もし経済的な余裕があるのならもちろん、マンションの買い替えを考えるでしょう。現在はマンション購入時とは、さまざまに状況が違ってきているはずです。

もしかしたら、もっと違う場所に住みたいと思っているかもしれないし、子どもが独立したから余っている部屋があってもったいない、もっと小さくても自分好みの家に住みたい、と奥さんは思っているかもしれません。

あるいは、子どもたちを育てる中で友人もたくさん増えて、家に呼ぶ機会が多いからリビングやキッチンをもっとおしゃれにしたいと思うようになった人もいれば、ようやく子育ても一息つけた、そろそろ自分の趣味であるレコード収集を復活させたい、リビングの片隅に棚をつくって集めたレコードを飾りたい、などと夫は密かに狙っているかもしれません(笑)

でも買い替えが難しいということになる可能性は高いです。実際に我が家もそうでした。その結果、買い換えたのと同じ実感になれるリフォームを選択することにしました。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。