カテゴリー別アーカイブ: 工事方法

私がリフォーム工事を始めるのにあたり検討した工事方法について。買い替えを断念したときに検討しました。

一軒家まるごとリフォームのメリット

このごろは広告もよく入って来るようですから、皆さんもご存知かもしれませんが、外壁はヒビが入り、かなり古くさい外観から、日の光もささない台所や古いガス釜のお風呂などが、なるほど、まるで新築みたいに今風のデザインになっていたりしてますね。

しかも、このリフォームの魅力的なところは、ほとんど新築みたいなのに、建替えするよりよほどお金がかからない、というところです。
家の建築は土台が基本です。
通勤途中などにビルの建築現場なんかがあると、気づきませんか?
ずいぶん長い間土台の基礎作り工事をしていたと思ったら、建築物が建てはじめられるとあっという間に完成してる、ということが。
それだけ、基礎工事が大事で大変で、つまりお金もかかる部分なわけです。

建替えでなくリフォームなら、それを生かして使うわけですから、一軒家の場合は間取りどころか庭やベランダなど、さまざまな外観さえもすっかり一新しながら、工事の金額を抑えることができるというメリットがあるわけです。

ただし、家が古くなればなるほど「土台の基礎」がきちんとしているのかどうか、また昨今は耐震や免震についての問題もより慎重にとらえなくてはなりませんから、このあたりをまず、第三者機関などに正確に調べてもらうことが大事です。
リフォームを頼む業者ですと、なかには「大丈夫ですよ」と安易に請負う可能性がないとは言えません。

私たちが家ですごす時間というのは貴重なものです。
なるたけ快適に、便利に、楽しく過ごしたい。
そのためには、年数に応じて、また家族構成の変化に応じて、わが城をきちんと管理しながら、人生設計に照らし合わせて、このような大きなリフォームを考えることはとても大事です。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

建替えが難しいときこそリフォームを選択

どんなにきちんと維持をしていても、奥さんがきれい好きで掃除にあけくれていても、住宅というのは歳月とともに確実に老朽化してきます。

特に設備機器は、どうしても10年単位のサイクルで問題個所が出てくるものです。

また、壁紙の汚れなども、家族構成にもよるでしょうが、だんだんと素人の掃除ぐらいでは根本的にきれいにならなくなってきます。

10年目ぐらいならまだいいとしても、さて、20年も過ぎるとどうでしょうか。

購入時の持ち主の年齢にもよりますが、20年もたつと、まず家族構成が大きく変わっていることでしょう。無駄な間取りなど、家のつくりそのものに対する不満も出てきているかもしれませんね。

住宅というのは毎日毎日、寝て起きて食べて、あれこれと過ごしている場所ですから、それだけの歳月の間にかなり不具合も出てきているはずです。生活というのは、何かを美しく保つためではなく、生きるという日常ですから……。

しかし、そう簡単に「建替え」などできないのが実情でしょう。

いくら土地があるとはいえ、今ある家を解体するにもお金がかかります。また、当然ですがしっかりとした作りの家ならば、土台としてはまだまだ堅固に使えるはずです。

そこで、このごろよく耳にするのが「新築みたいにキレイになる」一軒家のまるごとリフォームですね。

かなり前から特定の業者が、一定の金額範囲で古屋をまるごとリフォームするのをうたっていましたが、このごろは大手も中堅どころも、ほとんどの建築関係の会社がこのテのリフォームを行っているようです。
それだけ需要があるということなのでしょう。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

スケルトンリフォームという選択

リフォームのことは考えないでもなかったのですが、なにしろ元の平米数が55平米と狭いわけですから、どうやっても親子3人で暮らすには狭いと決めつけていたんですけどね。リフォームといったって、マンションなわけなんですから増築できるわけでもないわけだし。

でも買い替えが無理なのだからしょうがない、ダメもとと思って、いくつかリフォーム会社にコンタクトをとってみました。

その中のひとつの会社が、営業の人と一緒に設計などを担当するリフォーム専門のアドバイザーを連れてきてくれたんですね。

その人が提案してくれたリフォームプランは本当に目からウロコでした。
55平米の狭いマンションがちゃーんと2LDKになってる!
子供部屋も確保されて、私たちの寝室ももちろんあり、そのうえ、リビングとキッチンが今より広い感じなんです。

いろいろ説明を聞くうちに、無駄に長かった廊下をなくして、お風呂や脱衣所をコンパクトにして、収納とかもアイデア満載で、いや、やっぱりプロってすごいなって思いました。

これは間取りから水回りからすべて変更するので、スケルトンリフォームとかいうやつで、工期も長めですし、金額もそれなりにかかりました。
でも、買い替えよりは全く安くできます。
それにリフォームローンはもともとさほど長い設定がありませんから、10年のローンで、夫の勤務期間や給料を確認すると問題なく通ることになりました。

ただ、安いと言っても、外車一台分ぐらいの金額にはなりました。また、工期の間は仮住まいを借りたりという手間もあったんですが、このあたりは担当の営業マンがすごくいい人で、一緒にすべてやってくれたのでとてもありがたかったです。

結局、工事は一ヶ月近くかかりました。
仮住まいですから、外食なんかも多くて、その期間の出費は多少増えたのは事実です。ただ、買い替えにしても、うまくタイミングがあわないとそういうこともあるそうですから、これはどちらにしろ、致し方ないことかもしれませんね。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

大規模リフォームが無理なときは?

リフォーム、とひとくちに言っても実はいろいろな種類があります。

間取りもすべてイチから変えるスケルトンリフォームはお金もかかりますが、マンションや一軒家でも配管までいじることが可能(できない場合もある)ですし、壁紙を変えるだけとか、玄関の収納を増やすなどのプチ・リフォーム、またDIYでペンキ塗りやテラスウッドをつけるなどもリフォームの範疇に入るでしょう。

大規模なリフォームや、キッチンなど水回りをいじるときは、誰でも今後の生活や家族構成の変化など将来を見据えてリフォームを考えます。また、そのようなリフォームは劇的な変化を見せるので、やった人も満足度も大きいですし、実際に広告ではありませんが「新築さながら」「別の家みたい」な仕上がりになるものです。

でも、それにはまず家計にゆとりがないとできません。

また、工事の期間も長いために準備も必要ですし、実際に工事に至るまでの過程も長く、大変です。

それに、例えば、まだまだこれから家族に変化がある、という場合は大きなリフォームに踏み切れないこともあります。

例えば、夫がもしかしたら転勤になるかもしれない、とか、子どもが中学生ぐらいで今後、一人暮らしをするのかしばらくは家に同居するのか、あるいは年をとってきた両親との同居などの問題などは、すぐに結論が出るものではないですし、流動的な事も多く、リフォームでいえば間取りの変更などは手をつけづらいということはあるでしょう。

だからといって、まだ数年の単位で毎日過ごす家が不便だったり、不満な場所があるのでは、そこで過ごす時間が長いだけに快適ではありません。

そこで、大規模なリフォームに踏み切れない場合の「小さなリフォーム」を考えてみてはいかがでしょうか。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。