カテゴリー別アーカイブ: リフォーム後

決断して始めたリフォーム工事。そのあとの出来栄えと感想について。

家族の絆をつなげるリフォーム

そこそこ広さのあったわが家ですが、結局、息子たち二人の部屋はかなり狭くして、しかも一番玄関近くに配置することになりました。そしてこのあたりが普通の分譲マンションではあまりないのですが、まんなかあたりにリビングなどを持って来て、母の部屋は細長い長方形であるようなマンションのなかで言えば、一番奥に持ってきてくれたのです。

これで、うるさい兄弟とは間取り上では離されました。
それから、兄弟ふたりの部屋はひとりが独立すれば、ごく簡単な工事でひと部屋にできるようにしてくれました。
また、母の部屋は和室にして、最終的に夫婦ふたりの暮らしとなった時には、この母の部屋は、たとえば結婚して家庭を持ったりした子どもたちが帰省したりした時に泊まれるような客間としての利用を考えてくれたのです。

またリビングにつながるところに可動式の間仕切りをつけた、とても狭いのですが、まぁ言うならば書斎のようなコーナーを提案してくれたんです。

これがとてもよかったですね。
うちのような条件の場合、やはり週末とか家でくつろぐ夫が、私の母を気にするのは申し訳ありませんから……、夫はそこを根城のようにしていて(笑)
趣味のステレオをおいて、よくドアを締め切って、ひとりでご満悦に過ごしていますよ。

こうしたことで、確かにお金はかかりました。
でも、例えば、今の状況をすべてまかなえるだけのマンションや一軒家ともなれば、とてもとても買い替えできるほどの余裕はなく、(また、すでに長期ローンは組めない年齢でした)、買い替えに比べるとかなり安くすんだという印象です。

でも金銭的なメリットだけではありません。
結果的に、母も落ち着いて過ごせて満足そうですし、主人は主人で自分だけのコーナーがあることで、ますます趣味に没頭して機嫌がいい。
息子たちは部屋は狭くなったけど、その分かなりかっこよくなったから文句もないようですし、私は念願だったフランス製のフラワープリントの壁紙にしたリビングでお茶を飲みながら過ごすのが一日の楽しみとなりました。

家族みんなが、もちろんすべての要望が叶うわけではありません。でも、こうしてそれぞれに満足できる「住」の環境を与えることができたことで、お互いの関係に無駄な軋轢が生まれることがなくなったのです。

それだけ、「住む」ということは、無意識のうちのなかで大きな意味を持っているということでもあるんですね。
なんにしろ、わが家というのは「安全で安心できる」そういう場所でなくてはなりません。そしてさらに「快適でほっとできる」、そういう家ならば、家族は喜んで帰ってくるし、そこで疲れを癒すことができる。

リフォームには、家族の絆をよりうまくつなげてくれる、そういうリフォームがあるのだということをぜひ、皆さんにも知っていただきたいです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

リフォームをしてよかったと思うこと

かなりお金もかかりました。
600万ぐらいかかりましたね。特にお風呂に贅沢をしたので、やはり水回りにお金をかけると予算は跳ね上がるようですね。玄関も既成の下駄箱をはずして、私の趣味のドライフラワーなんかを飾れるスペースもつけて、すこし広めにとってもらいました。
廊下へ続く玄関からの視線が長く大きく伸びているので、入った瞬間からすごく「広々」した印象になります。

実はこの間、宅配のお兄さんがドアをあけて「あッ」って思わず言ったんですよ。どうしたのかと思って怪訝な顔していたら、顔なじみのルート配送の人だったもんで、前のわが家をすっかり覚えていたんでしょう。
「すごい変わりましたねー、間違えて別の家に入ったのかと思いました」って。
「リフォームしたんですよ」と答えたら、ものすごい感心してしました。古いマンションですから、どこの間取りも宅配のお兄さんはわかっているだけに、急に新築同様にきれいになったから思わず声をあげるぐらい、驚いたのでしょうね。

確かにお金はかかりましたが、やってよかったなと思ってます。
もう今さら年齢的にマンションの買い替えなど無理だったでしょう。でも考えてみたらこれからの人生もけっこう長い。
それに、娘がいずれ彼を連れてきたりすれば、お相手のご両親がわが家へ来るということもあるかもしれない。まして孫など生まれたら、やっぱり、「おじいちゃんおばあちゃんの家」に遊びに来てもらいたいですからね。

もうひどく汚したりすることもない、穏やかな生活です。
これからはこの家を大事にして、主人とふたりで娘の幸せを願いながら静かに暮らしたいなと願っています。

いろんな意味でリフォームをしたことで、人生設計というのか、今後の生活なども考え直すこともできました。
いい機会になったと思っています。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

リフォームのビフォーアフターの驚き!

それにしても、待ちに待って一ヶ月後、マンションに行って本当にびっくりしました。
ビフォーアンドアフターでしたっけ? あのテレビ状態ですよ(笑)

まったく、違う家になってました。
前の間取りはよくあるパターンで玄関入ってすぐ右側に1部屋、左側にトイレやお風呂場、廊下があってリビングと独立した暗いキッチン、でしたが、今度は日当りなども考慮されて玄関入るとすぐにリビングで明るい南西側に開放的でリビングとオープンにつながったキッチン、奥に狭いですがふたつ個室がある状態です。

リビングの壁一面に収納を作りつけたのですが、これがまぁ、大容量で、ほとんどのものがここにしまうことができます。
ですから、寝室は最低限の広さでも充分なんですね。

前より明らかに狭くなったのは脱衣所とお風呂なんですが、うちはもともと、夫婦そろってさほどお風呂好きでもないし(笑)
洗濯機を置けて、洗面台があれば充分なんです。
さらに最新型のキッチンを入れて、しかもオープンなので子どもが遊ぶ姿を見ながら料理ができます。

実際に住んでみて、快適さに驚きました。
それにリフォームだと、壁紙とか、作り付けの棚とかも自分の好みどおりにできるでしょう?
私、壁の一部をぜひレンガ風にして、キッチンのフロアはテラコッタにしたかったんです。ちょっと南欧風っていうのかな。
そういうことがリフォームだと自由にできるのがとてもよかったですね。

週末、日ざしが差し込むリビングはちょっとリゾート気分。
前と同じように、勤務地にも近く交通の便もいい。しかも金額は安く抑えることが出来ました。

もちろん、資金的な余裕があって買い替えができていたなら、それはそれでやっぱり快適だったと思うんです。
ただ、やはり家計というのは動かしがたい大きな問題で、ここはどうにもならないことも多い。
そういう時に、家のことをあきらめてしまうのではなく、リフォームという方法を検討してみることを、ぜひおすすめしたいです。

まずは、リフォーム会社から話を聞いてみるといいと思います。簡易な見積もりや提案をもらう時点では無料のところが多いですし、意外と今住んでいる家にもまだまだ可能性があるということが発見できるかもしれません。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

リフォーム後のおうち温泉は最高!

まず子供部屋ですが、この部屋はフローリングでしたが変えたのは本当に壁紙だけです。ちなみに金額もひとけた代でした。
でも、印象がガラリと変わって!
もう見るからに、子供部屋らしい夢のある、同時にシンプルで可愛い雰囲気なんです。
ここにベビーベッドを置いたときの喜びは、わが家のように長く子どもに恵まれなかった人にしかわからない、本当に涙が出そうなぐらい嬉しい風景でした。

それから、お風呂。
お風呂って、最新型って本当にいいんですよ。
まずお掃除が楽です、これは子育て世代には本当にありがたいですよね。それからちょっと違う視点で言うと、かなり節水型なんです。ですから水道代が変わりますよ。
それとなんといっても湯船がかなり広くなって、一方が楕円型なんですがそこが少し浅くなってる部分がついてるやつなんです。

今、子どもは1歳になったばかりなんですけどね。
そこにちょこんと座って、アヒルとかイルカとか浮かべて水遊びしてます。
主人の一番の楽しみは、会社から帰ってきて子どもをお風呂にいれてやることなんですよ。

キッチンで夕飯の支度をしていると、主人のへたくそな鼻歌なんかが聞こえてきて、子どもの笑い声やはしゃぐ声が響いてきて、ああ、親子がいる、暮らしている生活の音って幸せだなぁって、しみじみ思います。

子どもが生まれて、なかなかやはり気楽に気軽に旅行というわけにはいかなかくなりました。
その分、やはり、長く過ごすことになる家を快適にすることは、結果的に家族の楽しみが増えるってことなんですよね。

「おうち温泉」とか言って、主人はドラッグストア回っては入浴剤をあれこれ買ってくるのが趣味になりました(笑)
決して安くはない出費でしたけど、長い目で見たら安上がりだったとも言えるかもしれません。

主人は手放しでイクメンやってるけど(笑)
私はやっぱり、実際の育児となるとさすがにちょっと疲れるところもあります。それでも家の大きなお風呂で深夜、夫に子どもを任せてゆっくりと入ると、癒されます。
そういう意味でも、お風呂をリフォームしてよかったなと思っています。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

リフォームで大変身したマンション

なにしろ大掛かりなリフォームなので、1ヶ月近く仮住まいが必要になりました。
ありがたいことに、娘が「週末とか時々部屋をあけてくれるなら、とりあえずうちでいいよ」と言ってくれたので、狭い娘の1DKに住まわせてもらい、あんまり娘の負担になってもいけないので週末は安いビジネスホテルなどに宿泊しました。
ちなみに夫は大喜びで娘のアパートにいましたけどね。私は疲れました。狭いということもありますけど、やっぱり、すでにそこは娘の家であって、自分の家でなくては休めないなぁと実感しました。

それでも一ヶ月も我慢しただけあって、本当に見事にマンションは生まれ変わりました。
スケルトンというのか、間取りからすべて変更するリフォームはすごいですね。見違えるとは、このことだと思います。

提案されたタイプは、広くなったリビングに可動式のドアをつけて琉球畳をいれた和室をつけているんです。
普段はそこも含めて広くリビングとして使い、たとえばお正月などに娘が帰ってきたり、もし結婚して孫でも連れてきたら泊まれるように、リフォームアドバイザーの人にすすめられて作ったものですが、これがとてもよかったんです。

冬は何十年かぶりにそこにコタツを置いたんですよ。
いや、やはりこたつはいいです。鍋なんかやっても雰囲気でるし、夫は特に気に入っちゃって、冬になると畳コーナーから一歩も動きません。
年とってきたせいか、ゴロンと横になるスペースがあると本当に楽なんですね。

キッチンはシンプルなものにしました。
冷蔵庫なんかもこれからはさほど大きなものは必要なくなってきますし、いずれ介護などで他人の手が入ることも考えると、わかりやすく整理された、簡素なもののほうがいいかなと思ったからです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

お風呂と子供部屋をリフォームした結果

夫婦ふたりの時はどちらも旅行が趣味で、特に温泉好きだったもんですから、まぁ普段は共働きですしシャワー程度でもよくて、週末ごとに健康ランドのようなところへ行ったり、連休には温泉旅行に行ったりだったので、さほどお風呂のことは気にならなかったのです。

でも、夫も「お父さんになれるなら、やっぱり子どもをお風呂に入れてやりたい」と意気盛んですし、私も年とってからの子どもですから、お風呂など少しでも衛生的にきれいであってほしい、カビなどもってのほか、と思ったわけです。

そこで、お風呂のリフォームを考えました。
水回りのリフォームはお金がかかるとは耳にはさんでいましたが、特にお風呂は当初思っていたよりやはり高いなぁという印象でした。
それにお風呂もピンキリで、スタンダードなタイプから、マンションなどでもけっこう広い、ジェットバス風のものまでいろいろとあるんですよね。

そこはそれ、私たちも長年共働きで子どももなくやってきましたから、そこそこの貯蓄はありました。
夫はとにかく広くて、子どもと遊べるお風呂とウルサイので(笑)、マンションタイプとしては中ぐらいのクラスのものを最終的に選びました。

そのとき、同時に物置にしていた部屋の壁紙だけ取り替えました。壁紙はわりと安くできるんですね。
せっかくの子供部屋だから、愛想のない無地の壁紙じゃなくてもう少し可愛い感じがいいなと思って、細い薄いブルーグリーンのストライプを選びました。男の子でも女の子でもいいかな、と思って。

そういう壁紙を選んだり、お風呂の形を選んだりするのは、すごく迷ったり大変だったりもしたんですけど、同時にとても楽しかったですね。

でも一番びっくりしたのは、お風呂と子供部屋のリフォームが終わったときです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。