カテゴリー別アーカイブ: 工事業者の選び方

リフォーム業者はすごいピンきりが激しくて悪徳業者もいます。私がリフォームを成功させるまでに業者との間で交わしたやり取りを参考にして会社を選んでください。

見積書の不明点は明らかにしよう

一般的には最初の見積もりはかなりおおまかなものになることが多いようです。というのも、依頼する側もまだリフォームの細部についてまで決定しきれてないことがほとんどだからです。

そこで上手な担当者であれば、最初の見積書をたたき台にしてそこからあなたも整理しきれてなかったリフォームに対する希望などをくみとって、ベストなものをすすめてくれるはずです。

あるいは予算という問題があるわけですから、何を妥協して、何を優先していくべきかという指針を手伝ってくれるはずです。

そのためにも、最初の見積書を見せてもらったときは遠慮なくどんどん質問をしましょう。

会社によってはおおまかどころか、「○○一式」など一行ですむようなところもあります。これが一概に悪いとは言えませんが、そういうものに対しても「この一式とは何が含まれているのですか」と質問し、これにきちんと丁寧に答えてくれるかどうかが大事なのです。

また、大工工事などは素人には全くわからないことだらけです。

これはどういう作業なのか、なぜ必要なのか、必ず疑問点はしっかりとクリアしてください。

その上で、数社からとった見積書を比べるということです。

見積書はあくまで「金額」を作り上げるための作業です。

ですからどうしても、安いほうがいいと思いがちです。しかし、このあたりが、できあいのモノを買うという作業と違って、「これから行う仕事に対する対価」である難しさがあります。

あなたは会社と会社が行う仕事を信用して、自分の住まいを預けて、修理したり改装してもらうわけです。

金額だけがすべてではないということは、しっかりと理解してほしいと思います。

見積書の見方については、専門の本やリフォーム雑誌などにもくわしく載っています。

実際に見積書をもらったら、担当者の説明を聞いた後、ぜひ解説書などをもとにして、ご自身でもよく確認しましょう。そしてわからない点は遠慮せず、担当者にメールなどで連絡し、すべてにおいてクリアな状態にしておきます。

リフォームはそれからが本番です。

しかしスタートがとても大事だということ、見積もりをとるまでの過程、実際の見積書の比較と検討に今後の成否がかかっているといっても過言ではありません。ぜひ、時間をかけてじっくりと検討していただきたいと思います。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

わがままなリクエストに対応してくれたリフォーム業者

介護ホームに母を入れるということは、気持ち的にも躊躇もありましたし、また現実的な問題としていいホームは何年も待たなければなりません。

結局、主人とも相談して、「こういう状況を理解して、うまくリフォームしてくれるところに頼もう」ということになったのです。

つまり、わが家の場合は以下のような難しい、複雑な条件が希望としてありました。

  1. 家族構成 夫・妻・息子ふたり・母
  2. このうち、息子はいずれ独立する可能性があるが、まだ数年は一緒に暮らす。その変化に対応できるような間取り。
  3. 母は基本的にわが家で同居させてあげたい。でもお互い負担がないように、工夫したい。
  4. 母との同居で夫はやはり気を遣うと思うので、そのあたりに配慮した部屋にしたい。
  5. 最終的には夫婦ふたりで暮らすことになる。大規模なリフォームは今後はできないだろうから、そのあたりまで含めて考えてほしい。
  6. これまで子どもたちが汚すと思ってできなかったが、私としてはリビングは趣味のステンドグラスなどを飾れるような部屋にしてほしい。

このような条件を出して、スケルトンというのですか、いったんすべてマンションの内装を取り壊して、間取りも変更するような大規模なリフォームをお願いすることにしました。

正直……不安でしたね。

普通、間取りも変えるような大規模なリフォームというのは、家族構成も定まるというか、「今後は大きな変化はない」ゆえに、これまでと違う部屋のつくりに変えるものでしょう。

なのにわが家の場合は「息子ふたりが独立するかも」「でも最終的には二人で暮らすことに」みたいな、まだまだ、変化がある数年をすごすなかでのリフォームだったからです。

そうして、最初はメールで、それから実際にお会いして現地調査もしてもらったりして、最終的にココなら、と思ってリフォームをお任せする会社を選びました。

ちなみにそこは中堅どころの建築会社のリフォーム部門、みたいなところです。

決め手となったのは、営業マンとともに担当してくれた、リフォームアドバイザーの人の提案でした。

わが家の状況をよく把握したうえで、とても素人では思いつかないような、さまざまなアイデアや工夫をもりこんですすめてくださったからです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

失敗しないリフォーム業者への見積書の取り方

リフォーム業者への見積書をとるには、いくつかポイントがあります。

まず、最初に「なるたけ同じ条件で見積もりをお願いする」ということです。
極端な話ですが、A社には「トイレと浴室」、B社には「トイレと廊下と浴室と脱衣所」と頼む箇所が違えば、比較検討の余地がありません。できることなら、例えば壁紙のレベルや設備機器なども同じレベルのものにするといいのです。

なにしろ、見積書は素人が解読するには難しい。
相見積もり、をとる理由は「比較して、どちらがいいか検討する」ためのものですから、条件を同じくするほうがわかりやすいのです。

それから、見積書を依頼するときの、担当者の対応をよく見ていてください。

キッチンのリフォームをするとします。
A社は隅々まで計測している、B社は私の要望をきちんと聞いてくれる、C社はシステムキッチンについての説明がくわしい、など、それぞれの担当者によって「いいところ」「悪いところ」が違うと思います。
相手もプロですから、たぶん悪いところというのはさほどないはずなのですが、その場合でも具体的にそれぞれの会社の良かった対応や強みと思えるところなど、きちんとメモをとっておくとよいでしょう。

見積書をとるとき、ざっとリフォームまでの流れなども確認すると思います。
こういう説明も簡潔、かつ充分に足りる、説得力のある会社がいいとは思います。

しかし、実際にはもうひとつ、大事なポイントがあります。

それは担当者との「相性」です。

会社によって、営業マンとリフォームアドバイザーなど分野が別れている場合や、ひとりのひとがすべて責任を持つなどいろいろとあるようですが、どの場合にしろ、相手との感触を体験することはとても大事です。

担当者とどうも気があわない、生理的にダメだなぁということがないとは限りません。こういう場合も、「大事なのはリフォーム技術だから」とあきらめたりしてはいけません。

リフォームをうまくすすめていくためには、職人さんたちとの間に入ってきちんと対応してくれる営業や担当者の力量が大きいのです。その人とあなたの間に見えない溝があるようでは、うまくいくわけがないからです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

見積り・問い合わせを通してリフォーム会社を決める

リフォームを考えて、いくつかの工事会社と交渉を始めるとします。

通常は「相見積もり」といって数社から見積もりをとり、最終的にリフォームを任せる会社を決めるのが「リフォームのスタート」です。そして実はこのスタート時点がいちばん判断が難しいところだと思います。

スタートの「リフォーム会社を決める」というのは、イコール「見積もりをとってどこがいいか決める」ということです。

そのなかでも最も最初のスタート地点である、電話やメールでの応対をまず注意して見守るようにしましょう。

今現在も時々ニュースで見かけますが、残念なことに悪質なリフォーム会社(あるいはリフォーム会社を名乗る悪質な会社と言うべきかもしれません)が存在するのは事実です。
ですから、リフォーム会社を選ぶというのは、まず第一に「会社の信用性」「会社の体質」「会社の雰囲気」などを自分の目で確かめることが大事なのです。

電話での応対に少しでも疑問を感じたら、いったん立ち止まってよく考えなおしましょう。電話やメールでの問い合わせから実際の対応までの流れはもちろん会社によってさまざまですから、早いからいいとも限りませんし、また遅いからじっくり応対してくれてるのだという証拠になるわけでもありません。

しかし、少なくともごく一般的な感覚で、会社組織としてどうもなんかちょっとおかしいぞ、と思ったら、まずやめておくか、あるいは周囲にその会社の口コミなどを聞いておくことをおすすめしますね。

しかし、これはあくまでスタート地点、いえ、スタート以前といっていいかもしれません。

まずほとんどのリフォーム会社では、担当者や営業マンが自宅へ来るはずです。どんな小さなリフォームでも現場を見なくては、正確な見積もりを出すことは不可能だからです。

適当な概算で契約を急がせるような会社は危ないです。新築の請負契約等と違い、リフォームはあまり我々消費者が法律で守られておらず、契約書や仕様書の交付が曖昧、中の表現、責任の所在等があやふやなことが多く、それが元でよくトラブルになっています。

リフォームというと新築を買うよりお手軽な気でいる方が多いですが、実際はリフォームのほうが工事業者を見極めるのがかなり難しいのです。

だからこそ、見積りや問い合わせの連絡のやり取りを通して、十分なかんを働かせて吟味していく必要があるのです。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。

本当に必要なリフォーム予算の計算方法

はっきり言えば、リフォームは「予算ありき」です。

一般的なご家庭の場合ならば、予算厳守ぐらいのつもりで担当者と話をすすめていくことをおすすめします。

リフォームというのは余計な出費がついてまわるからです。いくら「見積書以外の一切の出費はありません」とうたっていても、リフォーム内容によりますが床を剥がしたらどうしても下処理が必要になった、ということもあります。

水道管やガス工事などは見積書に小さく「別途工事発生の場合あり」のような注意書きがある場合もあります。この場合の料金の発生の有無なども微妙なところがあります。

ところが実際に工事が進みはじめたら、結局ほとんどの場合はやってもらう以外方法はありません。また、キッチンのリフォームなら工事中は外食になったりするし、お風呂なら銭湯などのお金もかかります。

「見えない予算」が必要になってくる以上は、リフォーム工事そのものについての予算はきっちりと守って、それ以外の出費に備えるようにしないと大変です。

ところで、ひとつ変わった方法をお教えしましょう。

いっそのこと、一度、ご自分で「理想のリフォーム」概算を出してみることです。キッチンはドイツ製の○○、壁紙はフランス製、トイレは最新型で子供部屋には作り付けの棚を造作、など夢と理想をつぎこんでみてください。もちろん実際には値引きなどもありますし、造作工事の費用などはピンキリですけれども、ネットなどで調べていくとある程度の料金などは出てくるはずですからそれで理想どおりのリフォームの金額を出してみるのです。

たぶん、驚かれると思いますが(笑)

でも逆に冷静になれるのではないでしょうか。

やりたいことと、予算との兼ね合い。この部分をきちんとすくいあげて、予算に見合うよう適切なアドバイスや素人には思いつかない提案を出してくれるのがリフォーム会社などの担当やアドバイザーです。

まず理想を示して、それが無理なことは重々承知しているが、それに少しでも近づけるためのアドバイスをもらうというのも、ひとつの手段でもあります。

なんにせよ、リフォームを考えるとき、「予算」という大きな現実的な問題を、冷静に考えて計画する必要があるということを念頭においておいてくださいね。

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。