給湯器が壊れてお風呂のリフォームを決断

わが家のお風呂は20年以上前の、ガス釜式のものでした。
もちろん、追い炊き機能なんてないし、お風呂じたいも狭くてとてもとても足を伸ばせるどころの話ではなく、まして子ども二人と入るとぎゅうぎゅう詰めという感じでした。

去年の冬、ついに給湯器が壊れてお湯が全くでなくなってしまい、あわてて修理を頼んだのですがもうかなり古い給湯器のため、修理ではなく「取り替え」しか方法がないと言われました。

そこで、どうせ給湯器をやるなら、この狭く古いお風呂もどうにかしたいと考えてリフォームを決断しました。
水回りのリフォームはお金がかかると聞いていたのでかなり不安だったのですが……。

確かに安い値段ではなかったです。
ですが、規定の形? というんですが、スタンダードなタイプを選べばわりと安いものもあるんですね。
また業者によっては型落ちなんかの在庫を持っているところや特定のメーカーについては大幅な値引きができたりもするようですからよく調べてみることをおすすめします。
うちは一番安いラインのものにしたのですが、それでも床や壁の仕様も多少は選ぶこともできましたし、色なんかも好きなものを選べました。

工事じたいも意外と時間がかからず、結局お風呂に入れなかったのは2日間だけでしたね。
それより、給湯器が壊れてる間は結局お湯が出ないわけですから、お風呂も入れずじまいだったんですが、その給湯器の見積もりとか、ショールーム回ったりしている時間のほうがやたらかかって、工事じたいは短いという印象です。

たまたま冬場だったので、毎日お風呂に入れなくてもなんとかなりましたが(とはいえ、銭湯に行くと帰りに湯冷めして寒くて参りましたが)、給湯器なんかがそろそろ寿命かなと思っているお宅は普段からいざというときのために「給湯器の買い替え・お風呂の買い替え」などを頭にいれておくといいかもしれませんね。

実際に給湯器は10~15年ぐらいが一般的な買い替えの時期らしいですから、そのあたりは注意しておいたほうがいいかもしれません。

LINEで送る
Pocket

PR

リフォーム工事で問題になる必要最低限の工事内容か?適正相場か?騙されていないか?全てを解決するために必要なことを5000文字ほどになりますがまとめました。そんなに難しくありません。いい資料があるのでこれは必見です。